2016年7月2日土曜日

3度目のシンガポールと台北の旅から② CHINESE as NUMBER 1

今を昔に比ぶれば…台北編


「慈佑宮」門前まで連なる夜市

私は中華料理が大好きである。
中国には何回いっただろうか?十数回は行っている。
1967年、香港へ行ったのが初の海外旅行体験であり本場中華料理体験の旅であった。お客様をアテンドするのが仕事だったので会社の経費で連日連夜円いテーブルを囲んで中華三昧を体験させてもらった。
余談になるが、その時観光で連れて行った丘の向こう側に灰色の茫漠とした大地を指さしガイドがそっけなく「あちらが中国大陸です」と言った。その時いつかあちら側に行ってみたいと思った事は今も忘れてはいない。

その後1972年、日中の国交が回復した。それまで台湾中国だけとお付き合いをしていた日本は国家としては台湾と縁を切りメインランドの中華人民共和国と正式な関係を結んだ。しかし台湾とは裏では戦前の日本台湾総督府統治時代以来ずっと人・物・金脈は深くつながっていた。深く静かに関係は続き現在では1800社も日本の企業が進出していると聞く。

なにしろ1回目の台湾へは1978年、2度目が1990年だったと思う。
26年経って今年が3度目ということになる。1回目、2回目とも目的が違う旅だったが中華料理の美味体験は忘れる事はなかった。

賑わう九份の観光客御用達グルメストリート

1978年、北京ダックを最初に食べたのが台北の家族経営の小さな店だった。案内してくれた商社マンは「蒋介石の料理番だったコックさんの店」と言っていた。だから伝統的かつ正統な「北京ダック」なんだとか。艶々としたキツネ色のダックが披露されその後ダックの皮だけが運ばれてきた。その皮をネギの芯と甜麺醤を一緒に餅皮に包み食べるのだ。初めての味覚体験は「北京ダック=ジューシーでパリパリ=最高の美味」と脳内に記憶された。国交回復直後の北京で老舗名を引き継いだ店で食べたが私の脳内記憶の北京ダックとは違った。銀座で北京の老舗を名乗る店でも食べたが、肉付き皮のうえ甜麺醤の味が違った。もうあの味を体験できないかと諦めていたのだが今回なんとあの「北京ダック」を同行した友人のお蔭で食す事ができた。
最初に食べた記憶のままであった。台北で北京ダック!
それにしても私は今まで長い中国の旅歴にもかかわらず、残念ながら中国本土で記憶に残る美味なる中華料理に出合った事がない。

行天宮でおみくじを引く若者達の群れ

お寺でおみくじを引き、夜市を食べ歩く台北の若者達を見て、そういえば中国本土ではお寺参りをするのは老人で若者を見かけなかった事を思い出した。
どこの国にでも中華料理があるのは世界中に華人が拡散しているからだ。
中国本土を除いてアジアの中華はどこでも美味しかった。シンガポール中華も台湾中華も美味しかったが、でも日本中華が一番好きである。


0 件のコメント:

コメントを投稿