2015年12月30日水曜日

聖地③ イスラエルの「壁」がパレスチナの「嘆き」ではないのか

武装兵士が立っている検問所

ベツレヘムの壁

入植地を囲う壁

オスロ合意から224か月経った今、両者の関係に緊張が高まりつつあるとメデイアでは伝えられている。事実かどうか私には分からない。12月の6日から11日までパレスチナのラマッラ―とベツレヘム・ジェリコとエルサレムへのご機嫌な旅をさせてもらった私にしてみれば「犠牲になるのはそこに今暮らす人達なのに」と思わずにはいられない。天気も良く行きたいところに行け、見たいものは見ることができ、食べたいものも食べられた私としてはこれからパレスチナの旅をおすすめしたいと思っているからだ。

たった4日ほどの滞在で両者の深くて暗い政治問題の何を言えよう。それは盲人が象の一部をなでてそのものを言い当てようとするようなものだ。知りたい人はご自身で多方面から情報を得て欲しい。数日の旅ではあったが道中から見た風景で奇異に感じたのは、長い壁のような柵がやけに張り巡らされている事。ガイドに聞いたら「イスラエルへの入植者に安全を保障するという名目で実はパレスチナと分断隔離するため」とのこと。

武装兵士が待つ検問所の多さにも驚いた。「イスラエル側へのパレスチナ人の出入りを監視するため」。ベツレヘムの宿泊したホテルのエレベーター内には大きな監視カメラがあり「カメラに向かって微笑みましょう」と貼紙されていた。観光客の私でも自国がこうなら「嫌だな」と感じたほどだ。その土地に生まれ育ち暮らす人達にしてみれば毎日どれほどプレッシャーに感じていることか。日常に壁がある事がますます両者を隔てていくのではないか。目に見える壁だけでなく両者を隔てる心の壁も取り除いて欲しいと願う。
これほどまでに世界宗教のエッセンスが詰まった処は世界中探してもどこにもないと思うからです。


0 件のコメント:

コメントを投稿