2014年9月20日土曜日

「miracle」再び

送られてきたカード
 
 
先月のことです。
米国ミネアポリスから一通の封書が届きました。中には可愛らしい和風のカードと真新しい100ドル札が一枚。
「108miracle摩訶不思議+」の出版のお祝いと、このお金を何かの役にたてていただけたらという一言が添えられていました。差出人の名前はありません。
一体誰が送って下さったのでしょう?
何故出版のことを知っているのでしょう?
 
不思議な思いでさっそくお礼をと書かれていた住所宛てに返信しましたが、戻ってきてしまいました。でも今回のことでとても嬉しかったのは、堂々と信念をもって発信していれば、必ずどこかでそれをキャッチしてくれる人がいるということです。
大きなうねりにするためには等身大の小さな活動から始まります。一歩踏み出さねば次はありません。再認識させてくれた出来事でした。
 
「ミネアポリスのティンカ―ベルさんへ」
あなたの善意ありがとう。
今期はカンボジアへ井戸を3基送ることになりました。
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿